へばりローン
ホーム > 妊活サプリ > 葉酸サプリは厚生労働省が推奨!

葉酸サプリは厚生労働省が推奨!

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって大変重要な栄養素の一つです。それでは、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。

 

実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。

 

そのため、胎児に葉酸が不足した場合、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると知られています。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取が求められています。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

 

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も多いと思います。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。

 

ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普段の食事でもある程度の葉酸は補給できています。

 

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

 

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。胎児の健康を考えて、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

男性の不妊に効果的なサプリ!妊活サプリランキング!